リヒティについて

1865年まで遡る歴史を持つリヒティは過去30年間、翼の高速加工のためのシングルスピンドル加工機とマルチスピンドル加工機に特化してきました。リヒティは航空宇宙産業および発電産業におけるタービンコンポーネント向けソリューションに注力しています。リヒティはこれらの市場で専用マシン、ソフトウェア、プロセスエンジニアリング、ツーリングを含む翼加工のフルターンキーソリューションのエキスパートとして知られています。スイスのラングナウに勤務する120名の高度な技能を持つプロジェクト志向の従業員が、市場のニーズに応え、最高水準の技術を維持する手助けをします。リヒティは4世代にわたる同族経営を経て、2014年にGeorg Fischer AG に加わり、GF Machining Solutions事業部に属しています。

headquarter-liechti
headquarter-liechti-side

リヒティ・エンジアリングは今日では航空機エンジンおよび発電部門においてプレジションフロープロファイルの生産ソリューションに関する世界的なマーケットリーダーと見なされています。

4世代にわたる同族経営を経て、リヒティは2014年にGF Machining Solutionsの一員となりました。

2008年にg-technologyを搭載した初のTurbomillを発表。Turbomill gの投入によって、リヒティは再びその革新的な能力を証明しました。

2002年ー市場動向への対応としてg-Mill 550を市場投入しました。これにより適応範囲は大幅に拡大し生産性はさらに向上しました。

1997年 Turbobliskがリヒティのサクセスストーリーに新たな節目を刻みました。そのユニークなマシンコンセプトは極めてダイナミックな5軸および6軸加工に基づいています。リヒティ・エンジニアリングでは常にそうであるように、ここでも生産効率の向上に重点が置かれました。

1994年 初の中型タービンコンポーネント向け5軸ミリングマシニングセンターであるTurbomillを適用。Turbomillは現在では多数生産され、成功を収めています。

1987年 ブレード用 CAMプログラミングソフトウェアTurbosoft plusを投入 。

1983年 タービンプレードやインペラなど複雑な曲面のHSC(高速切削)加工のためのシングルスピンドル加工機とマルチスピンドル加工機に特化。

1865年 スイスのエメンタール地方ラングナウで創業した同族企業は、この目標に専念しました。