サクセス・ストーリー

レーザ加工技術がお客様にどれほどに有用か、探ってみましょう。実話に基づくサクセスストーリーは、こちらです。



レーザテクスチャ加工

J.&F.Kruth 社 (ドイツ)

これから5年間の自動車産業の発展を考えると、加工技術のデジタル化が今後の流行になることは明白です。創設以来自動車産業に携わって来たJ & F Kruth社は、この流行にいち早く注目し、GFマシニングソリューションズのレーザ・テクスチャリング加工技術に最も早く投資をした会社の内の一社です。

www.krueth.de

Starlink Laser Technology 社 (香港)

ICT (情報技術) の分野ではより高品質で新しいデザインの可能性が追求されています。1981年に創設されたYick Sang Metal社及び Plastic Mould社はこの可能性を見抜き、2014年にStarlink Laser Technology社、というレーザ・テクスチャリングに特化した会社を創設しました。加工技術の品質を高め、顧客満足度を上げる、という戦略に沿って、GFマシニングソリューションズのレーザ加工機に投資をしています。

www.starlinklaser.com


レーザ微細加工

Johnson Matthey社 (アメリカ・カリフォルニア州)

Johnson Matthey社(以下JM社)の医療向け部品加工製造部は、値段の高い貴重な材料を元に、超高精度・高品質を同時に達成する、という至極難しい課題に対する具体的な課題を見つけました。GFMSの超高速レーザ加工技術の活用により、JM社はより小さい、バリの無い孔及び輪郭の加工、具体的なJM社の例で言うと、それは心不整脈への対応の為に活用するカテーテルの様な手術器具の加工・製造に大いに効力を発揮します。カテーテルの先端は、人体内の静脈を始めとする、複雑な組織に対する、政府の認可を元にした安全が確保されていなければなりません。GFMSのレーザの精密切断、微細な孔加工の能力によって、材料は熱を帯びずに、加工部位を選ばずに加工をすることが可能となり、カテーテルの仕様に新たな可能性を提供することが出来る様になりました。JM社はGFMSのMicrolution 加工技術が提供するターン・キー (スイッチ1つで全ての加工工程が開始・終了する) ソリューションに拠って、高精度・高繰り返し精度を実現し、加工時間を減らし、生産量を増やすことに成功されました。

http://www.jmmedical.com/

GM Components Holdings社 (アメリカ・ニューヨーク州)

今日の自動車産業において、燃料の直噴装置の製造に携わられている会社の方は革新的な技術の採用に、特に余念がありません。燃料を、最小の排気量で最も効果的に活用する為の、精密で能力の高い直噴装置の製造が急務です。新しい直噴装置は更なる精度、燃焼効率及び繰り返し能力を求められます。General Motors社の子会社である、GM Components Holdings (GMCH)社は、自動車エンジンの統括部門として、部品の製造・分配を担当されており、同社のロチェスターにある製造工場では最新の燃料噴射装置を製造する為の画期的な生産設備が導入されています。それがGFMSのMicrolution レーザ加工技術システムです。加工工程を加工時間の削減と共に安定化させ、応用性と精密性を磨き上げ、同社の競争力の工場にも一役買っています。

http://media.gm.com/