マウンティングヘッド

3R-266.4_appl2

今日ワイヤ放電加工機の能力は、その精度および加工速度の面において従来機の能力をはるかに凌ぐ水準になっています。しかし、高い加工速度および高いフラッシング圧で動作する高速な機械は、他方では共振と振動の原因にもなっています。そのため、機械の能力をフルに活用するためには、安定していて、振動のないツールおよびワーク治具の使用が不可欠になっています。

  • 数秒での段取りが可能
  • 最大のワーク精度を提供
  • 機械の能力を有効に活用
  • 他のシステムより優れた安定性
  • 反動の最小限化
  • 共振の最小限化

 

T-2390-E_1209.pdf

システム3Rの焼入れ処理、防錆加工レベリングヘッドは、スーパーバイス等と組み合わせて使用し、3方向の微細なレベル調整ができます。しかも、1ミクロンの精度でこれを行うことができます。

調整作業はレベリングヘッド上で直接、簡単に行なうことができるので、システム3Rのプリセットスタンドを用いれば、通常の石定盤上でも実施可能です。

調整作業は前もって機械の外で済ませておきます。調整後はレベリングヘッド、ホルダーおよびワークで構成されるプリセットパッケージをわずかな手作業ですばやく定位置にセットするだけ。簡単、素早く、そして正確。