Industry 4.0 が必要になるにつれて、リアルタイムのスピンドル診断がより重要になります。Step-Tec は、スピンドル監視の画期的な研究を通じて開発された幅広いインテリジェントソリューションを提供します。

スピンドル診断ソフトウェア

Step-Tec のグラフィカルユーザーインターフェイスは、顧客サービスチームと機械オペレーターが診断および分析を行うのに役立ちます。統合されたデータロギングは、フライス加工を最適化し、スピンドルとマシンの耐用年数を最大化する役割を果たします。Step-Tec 診断ソフトウェアは、現場でのスピンドルの試運転と検査をサポートします。

SDS を使用し、PROFIBUS を介してスピンドルデータを統合するか、アダプタを使用して PROFINET に接続します。

ツインエアシーリング

ツインエアシール(TAS)は、スピンドルのオイル漏れを防ぎ、完全な気密性を提供することで、ワークピースと加工エリアの汚染を排除します。

Opticool システム

適切な冷却無しだと、モーターとベアリングで発生する熱によってスピンドルシャフトが長くなってしまいます。スピンドルは、性能の精度を維持し、より多くの電力を生成するために、放熱システムを必要とします。Step-Tec スピンドルには、最適な温度分布と安定性を保証する OCS が備わっており、スピンドルジャケットの極性分布は ∆T 1.4C°となっています。スピンドルモデルに応じて、冷却システムはモーターとベアリングの両方をサポートすることが可能です。

COOL-Core

COOL-Core スピンドルには、モーターとベアリングの熱放散に加えて、シャフトの冷却機能が備わっています。静止部品から回転部品へ、最大42,000rpmの速度で水が移動します。

SDM および V3D MEMS 加速度センサー

SDM(スピンドル診断モジュール)は、Step-Tec スピンドル(ブラックボックス)の全耐用年数を通じて、プロセスに関するすべてのデータを記録します。モーターとベアリングの温度、クランプサイクル、x、y、z軸の振動、稼働時間、>30 gの衝突監視でのスピンドル速度、スピンドルステータス情報などのパラメータを収集して報告します。

機械診断について

スピンドル診断ソフトウェア(SDS)は、オンサイトスピンドル操作中に、モーターの温度、クランプサイクル、振動、最適化情報を記録し、サービス技術者がスピンドル全体の状態をチェックできるようにします。

オフマシン診断

お客様は、オンサイトのスピンドル診断ソフトウェア(SDS)を使用してデータを取得し、それを分析目的で Step-Tec に転送することができます。データ分析後、経験豊富なサポートスタッフが、お客様がスピンドル調整を行うサポートを提供します。