微細加工可能

このシンカーソリューションの新しい放電回路は、スパークエロージョン電力変調と材料除去を最大限にする柔軟性を備え、これまでにない品質と効率を実現します。スパークギャップをわずか数ミクロンに減らすことで、仕上げのディテールを実現します。

より細かい加工に最適な加工条件

この形彫り型放電加工(EDM)ソリューションのデュアル熱安定化システムにより、作業場の温度変動が部品の加工精度に影響を与えることはありません。これは、ミクロンの寸法に近いサイズで作業する場合の大きなイノベーションです。

FORM S 350

 

 

部品重量

短いC軸構造と大型鋳鉄フレームにより、形彫り放電加工EDMマシンの寿命にわたって優れた機械的安定性と精度を体験できます。その結果、パーツ重量や誘電体体積によって精度が損なわれず、精度がさらに向上します。

位置分解能

信頼性の高い位置決め精度を得るため、有効なのはリニアガラススケールのみです。バックラッシュ、拡張、摩耗効果など、従来のエラーをすべて排除します。GF Machining Solutionsが形彫り放電加工EDM機用に開発した軸サーボ制御システムは、どのような移動においても確実な精度を提供するように設計されたクローズドループ測定ソリューションです。

お客様に最適な表面

3DS技術により、形彫り放電加工において、望ましい表面テクスチャを保証する柔軟性のあるツールが得られます。金型の残留物の蓄積を最小限に抑え、摩擦力と吐出力を低減することでメンテナンスコストを節約するため、生産性と柔軟性の向上、最終製品の品質の向上、プロセスの再現性の向上、粒度の均一性を実現します。

グラファイト摩耗

GF Machining SolutionsのiQ(イノベーション+品質)およびiGap(インテリジェントギャップ、より小型でより正確なサイドギャップを高速で実現)のイノベーションは、グラファイト電極の使用時に実質的にゼロの摩耗で加工できるようにすることで、これらの欠点を克服するのに役立ちます。

動画を見る
 

パンフレットをダウンロードする