ワイヤー放電加工機

ワイヤー放電加工技術とは?

ワイヤー放電加工技術では、2つの導電性のある媒体、つまり切断するためのワイヤーと除去される材料との間に発生する電気スパークで加工が行われます。誘電体ソリューションで放電を制御し、金属製ワイヤーを使ってプログラムされた輪郭を切断することで、ワイヤー放電加工機は押出ダイ、ブランキングパンチ、精密金型、微細構造を持つ特殊部品などを製造することができます。
 

GFマシニングソリューションズの放電加工機を選択する理由

100年以上にわたりワイヤ放電加工機の業界の最前線に立ち続けているGFマシニングソリューションズは、信頼性が高い高性能加工ソリューションを備えた機材を提供してきた実績があります。GFマシニングソリューションズは、優れた技術的専門知識と圧倒的な量の特許取得歴を持ち、超精密加工、金型加工、高精度な切削性能を必要とする工程など、あらゆるワイヤー放電加工プロジェクトでの強力なパートナーとなります。当社の加工技術の卓越した性能を実現している当社独自の数々のイノベーションをご覧ください。

主な技術の優位性

放電加工機の心臓部である発電機(IPG)

当社の形彫り放電加工機およびワイヤー放電加工機の心臓部は、スイスの自社施設で設計および組み立てが行われていることをご存知ですか? 当社の最先端IPG(統合発電機)は、完全にデジタル制御された共振スイッチングモードの発電機であり、消費電力を最小限に抑えながら優れた性能を実現します。


当社の商品の特徴に関するビデオを見る

このシリーズの概要