業界最高の品質と効率を達成するために、メーカーはプロセスを改良して、ステップを可能な限り減らすことができます。多くの資材を取り除いたとしても、部品は追加の過程なしで必要な品質レベルに達している必要があります。

資材に関する課題

包装には、鋼、HRC鋼、アルミニウム合金など、さまざまな材料が使用されています。メーカーは、動的加工により、コスト効率の高い荒加工と仕上げ加工、熱安定性、信頼性と精度の高い高速加工を実現したいと考えています。

剛性の高いベアリング配置とオプションのスピンドルシャフトインターロックがこれらの課題を克服し、フライス加工、研削加工、さらにはミルターン加工を可能にします。ソフトウェアオプションを使用して、機械加工プロセスをさらに改善することが可能になります。

当社の市場指向ソリューション

Step-Tec HVC 140 プラットフォーム

HVC 140スピンドルプラットフォームは、瓶から箱までの製品の金型で高精度と表面品質を実現し、ハウジング直径がわずか140mmであるにもかかわらず、優れた出力とトルクを実現します。P2 品質のベアリングを使用した剛性のあるベアリング設計でフライス加工と研削加工を行うと、非常に正確な仕上げが可能になります。このプラットフォームは、スピンドルエクスチェンジプログラム(SEP)を通じて可能な限り高い可用性を提供します。

HVC 140 Tool Maker スピンドルは、42,000rpmの最高速度と13kW(S6 40%)の出力で、高表面品質を必要とする中型の部品を加工するのに理想的です。

Step-Tec HPC 150 プラットフォーム

追加荒加工用の HVC/HPC 150 スピンドルプラットフォームは、ハウジング直径がわずか150mmであるにもかかわらず、HVC プラットフォームの高速性と、優れた出力とトルクを兼ねそろえています。その利点は、高い材料除去率と高い表面品質を必要とする部品生産に貢献します。社内製造された非常に丸いシャフトは優れた表面仕上げを提供し、COOL-Core テクノロジーと Opticool システムは極温度安定性を通じて信頼性を提供します。高度な研削には、オプションの AE センサーが追加可能です。

HVC/HPC 150 Tool Maker スピンドルは、36,000rpmの最高速度と33kW(S6 40%)の出力で、高精度と高品質の部品を仕上げます。

Step-Tec HPC 190 プラットフォーム

精密部品の荒加工と仕上げ、および部品製造用の HPC 190 スピンドルプラットフォームは、ハウジング直径がわずか190mmであるにもかかわらず、コストに敏感な業界にパワー、トルク、速度を提供します。社内製造された非常に丸いシャフトは優れた表面仕上げを提供し、COOL-Core テクノロジーと Opticool システムは極温度安定性を通じて信頼性を提供します。このプラットフォームは、スピンドルエクスチェンジプログラム(SEP)を通じて可能な限り高い可用性を提供します。1回のクランプでフライス加工、研削加工、ミルターン加工を行うには、オプションのスピンドルシャフトインターロックと AE センサーを追加してください。

HPC 190 One Touch スピンドルは、20,000rpmの最大速度、36kW(S6 40%)の出力、120Nm(S6 40%)のトルクで、1回のクランプで、フライス加工、研削加工、ミルターン加工、荒加工、仕上げ加工を行うことができます。