柔軟性と効率性

超柔軟な機械とヒューマンマシンインターフェース(HMI)の概念で、製造プロセスを簡素化し、お客様への納期を短縮します。機敏に対応して緊急の仕事を仕上げたり、昼夜を問わず戦略をその場で変更できます。

加工プロセスの自動化生産性を自動化します。

大型ワイヤーを使用し費用対効果の高い荒削りをし、その一方では、細いワイヤーで、最高の精密度での精細半径切断加工をします。完全に統合されたソリューションで、設計から品質管理まで部品を管理します。

優れた結果

最高の精密部品をCUT X000シリーズのX-Treme Precisionバージョンで生産します。OilTechバージョンで最高の表面仕上げを達成し、酸化関連の課題を回避します。作業場の条件に左右されない熱安定化のおかげで、優れた再現性が得られます。また、当社の技術開発の専門家のサポートを得られる利点があります。

CUT 2000 S/X - CUT 3000 S/X

1台でマシン2台の役割を果たす

AWCは、加工中にワイヤー径を自動的に変更するため、プロセスの収益性を維持しながら複雑な加工を可能にします。

総合精度と再現性

その特殊なレーザー較正方法のおかげで、このシリーズのXバージョンでは、総合的な位置決め精度に対して±1.5 µmまでの精度を達成します。

オンボード計測センター

測定精度: 158倍倍率レンズで±1.0 μm± 1.5 μm、56 x 拡大レンズ付き。

自動ワイヤーチェンジャー(AWC)

荒加工には大きなワイヤーを使用します。また、小さな半径や細かい精細度を達成するためには、小さなワイヤーに簡単に自動交換できます。同一径のワイヤー - 荒加工用の低コストワイヤーと仕上げ用の高性能ワイヤー - を使用することで、生産性を高めコストを削減します。

インテリジェントスパーク防止システム(ISPS)

ISPSモジュールは、困難な加工条件を認識し、荒加工中の断線を防ぐためにパラメータを自動的に調整します。ISPSモジュールは、Spark Trackテクノロジーを利用しています。機械加工性能を最大にし、そして完全な断線保護を提供するために火花分布データを使用しています。

統合ビジョンユニット(IVUアドバンス)

測定機器への投資を削減し、セットアップ時間を短縮します。測定機なしでも参照を取り、加工エラーを修正して高品質を達成します。

すべてにおいて、作業中の部品を取り外す必要はありません。作業が簡単管理が簡単

品質と生産性を向上させるための特別なアクションをジョブの中に直接導入しすることにより、機械加工シーケンスに最後の最後まで修正を加えて生産性を最適化するのが簡単です。

AgieCharmilles CUT 2000 OilTech

CUT X000シリーズのOilTechバージョンは、優れた表面品質と仕上げを提供するように設計されています。最も要求の厳しい用途に、最適な表面品質を活用してください。

完璧な表面の完全性

長い水没期間を必要とする部品を自信を持って機械加工します。水中で加工するときのコバルトの消耗に関連する典型的な問題を気にする必要はありません。

ギャップを減らします。

水に匹敵する油誘電体により生じるワイヤーと工作物との間のより小さなギャップにより、ワイヤー半径に相当する、最小のスロット幅および半径を達成します。より高い設計柔軟性

CUT 2000 OilTech

広範な高さにわたって超微細半径を達成します。

設計の柔軟性を高めます。異なるワイヤー径を使用する場合でも、手動によるガイドの変更をする必要がありません。

妥協のない精密さ

最初に正しい理解をしましょう。マルチキャビティ金型の再現性を向上させるには、当社のX-Tremeバージョンを使用してください。

動画を見る
 

パンフレットをダウンロードする