毎回、完璧な精度のパーツを製造

長時間の加工サイクルを必要とする金型や電極では、安定した精度を維持することが課題となっています。完全な熱安定性、大型のリニアガイドウェイとボールスクリュー、左右対称のポリマーコンクリート製マシンベッドなど、MILL P 500は長期的な精度を維持するために必要な要素をすべて備えています。

リードタイムと生産コストの削減

MILL P 500の42,000rpmのStep-Tec社製スピンドルのパワーと精度により、高品質な表面を実現し、手間のかかる手作業での研磨を省くことができます。高速回転でも優れた剛性を持つこの先進的なスピンドル技術は、仕上げ作業を簡素化し、部品生産のスピードアップと顧客のニーズに応えることができます。

昼夜を問わず連続した加工が可能

投資効果を最大限に高めるため、自動化に対応した設計のMILL P 500は、パレタイズされた部品や機械後部での完全統合された部品のローディングなど、幅広い自動化オプションを備えており、長時間の無停止生産にも対応できる柔軟性を備えています。

MILL P 500

信頼できる安定性

24時間以上かけて加工された部品の偏差を五μm以下にするには、最高レベルの精度が必要です。MILL P 500は、剛性の高い熱安定化された機械本体で、機械の動作時に発生するすべての熱に対応し、熱変化を考慮することで、長い部品生産サイクル全体で±4µmの精度を確保しています。

パーツをより速く仕上げる

金型や電極などの高度な加工に必要な微細な表面仕上げを行うためには、時間のかかるベンチワークが必要となります。手作業での研磨作業を省き、完成した高品質な部品をより早くお客様にお届けするために、MILL P 500はRa 0.1 µm以下の微細な表面仕上げを実現しました。

スピンドルダイナミクスの向上によるサイクルタイムの短縮

競合他社に追いつくためには、正確さだけでなく、速さも必要です。MILL P 500 の非常にダイナミックな Step-Tec 42,000 rpm スピンドルとマシンの 30 m/min の送り速度により、生産コストを削減し、顧客の期待を上回る成果を得ることができます。

24時間の生産性を実現する自動化対応 7

二十四 時間体制の生産性を実現するには、自動化ソリューションと簡単に統合できる製造技術が必要です。MILL P 500は、充実したツールマガジンと、手頃な価格の小型パレット交換ロボットとの組み合わせにより、24時間365日、装置の長期的な精度を維持することができます 7。

完璧な長期再現性

このような多数のキャビティを持つ金型の場合、電子機器業界では、例えばこの15個のキャビティを八時間以上かけて加工するなど、非常に優れた安定性を求められます。MILL P 500の優れた信頼性のおかげで、このメーカーは要求されたRa 0.2 µmの表面品質を問題なく達成することができました。スマートマシンモジュールにより、最大偏差はXで3 µm、Yで2 µm、Zで1 µmに抑えられました。

安定した精度

このテスト金型のオス側とメス側は非常によくマッチしていて、並べると隙間のない完璧な立方体になります。この±0.005 mmの輪郭精度と0.112μmの表面品質は、MILL P 500の堅牢なガントリースタイルの設計と強力なStep-Tecスピンドルによって実現されており、長いパーツサイクルでも優れた安定性を実現しています。

優れた機械性能でダウンタイムを最小限に抑える

電極は、銅やタングステンなどの素材に、完璧な表面と正確な寸法を加工し、同じ作業を同じ精度で毎日繰り返す必要があります。この電極では、MILL P 500の高剛性ボディと統合された冷却システムにより、5μm以下の精度を実現しました。

いつでも最高の表面品質

MILL P 500に搭載されている42,000rpmのStep-Tec製スピンドルは、プロセスの効率性と信頼性を犠牲にすることなく優れた表面品質を実現するために、最高速度でも最高レベルの安定性を実現するように設計されています。この先進的なスピンドルにより、メーカーはスクラップのリスクを軽減し、Ra 0.05 µmの表面を簡単に実現することができます。

動画を見る
 

パンフレットをダウンロードする