Step-Tec HVC 120

高速モータースピンドルは、最適な表面品質を実現します。

Step-Tec HVC 140

Step-Tec ラインのフラッグシップであり、今日の金型製造の標準仕様です。特許取得済みの Opticool 冷却システムとオプションの COOL-Core シャフト冷却テクノロジーにより、最高の熱安定性と最短のウォームアップ時間を実現します。

Step-Tec HVC/HPC 150

このモータースピンドルプラットフォームは、40,000rpmの最大速度と最大60kWの高出力を兼ね備えており、最高の柔軟性を実現します。

Step-Tec HPC 190

この高性能スピンドルの重量はわずか89kgです。最大200Nmの切断力で、市場で最高の重量・トルク比を提供します。

Step-Tec HPC 240

高度にモジュール化された高性能モータースピンドルで、96kgの重量と312Nmの最大トルクを実現し、ツールインターフェイス、出力特性、およびセンサーのさまざまな組み合わせを提供します。

Step-Tec HPC 290

この高性能スピンドルは、高品質の部品に適しており、最大702 Nmのトルクと、最大15,000rpmの速度を兼ね備えています。

Step-Tec は、機械メーカーが必要とする速度、出力、性能、ダイナミクスを備えた包括的なCNCモータースピンドルのラインアップを提供しています。全アクセサリとトレーニングのカタログを備えたすべての Step-Tec スピンドルは、お客様の様々な課題に対応します。

HVC 120 モータースピンドルプラットフォームは、ハウジング直径が最小120mmまで可能です この HVC プラットフォームは、48,000〜75,000rpmの速度、6.5〜10kW S1の中程度の出力、1.5〜2.7NmS1のトルクを提供します。

HVC 140 モータースピンドルプラットフォームは、ハウジング直径が最小140mmまで可能です この HVC プラットフォームは、10,000〜42,000rpmの速度、10kW S1の中程度の出力、3〜16NmS1のトルクを提供します。

HVC 150 モータースピンドルプラットフォームは、ハウジング直径が最小150mmまで可能です HVC プラットフォームと HPC プラットフォームの利点を組み合わせることで、24,000〜36,000rpmの速度、23〜25kW S1の高出力、16〜31Nm S1のトルクを提供します。

HPC 190 モータースピンドルプラットフォームは、ハウジング直径が最小190mmまでと非常に小さくなっています。この HPC プラットフォームは、6,000〜29,000rpmの速度、8.5〜114 kW S1の出力、43〜150 Nm S1のトルクを提供して、精密部品の荒加工および仕上げ加工を行います。

HPC 240 モータースピンドルプラットフォームは、ハウジング直径が最小240mmまで可能です この HPC プラットフォームは、10,000〜26,000rpmの速度、26〜30 kW S1の出力、51.6〜239 Nm S1のトルクを提供して、精密部品の荒加工および仕上げ加工を行います。

HPC 290 モータースピンドルプラットフォームは、要求の厳しい高性能切断に対応するために、ハウジング直径が最小290mmまで可能です この HPC プラットフォームは、8,000〜15,000rpmの速度、35〜66 kW S1の出力、279〜512 Nm S1のトルクを提供して、精密部品の荒加工および仕上げ加工を行います。