レーザ微細加工

レーザ微細加工とは?

レーザ微細加工は、レーザビームを使用して微細スケールで材料を除去する精密製造プロセスです。比較的大きい部品を機械加工できますが、生成できる穴、溝、形状などの構造は数ミクロンから数ミリメートルに及びます。光学系の段取りやスペックにも拠りますが、レーザビームは通常10~60 µmで、非常に硬くて脆いものを含む材料において微細形状の加工が可能です。

レーザ微細加工と言えば、GFマシニングソリューションズ

GFマシニングソリューションズは、ソフトウェア開発とフォトニクスの専門知識を生かし、70年にわたる最新鋭の精密マシニングセンタの経験を生かしたレーザシステムを開発し続けています。

2016年におけるMicrolution社との統合により、GFマシニングソリューションズはレーザ微細加工におけるノウハウを大幅に強化し、今ではその先進技術でマーケットリーダーとなっています。

Please accept all cookies to view the youtube video content.

ほとんどの微細加工アプリケーションは、フェムトレーザとも呼ばれる超短パルスレーザを必要とします。GFマシニングソリューションズは15年にわたるフェムト秒レーザの経験を基に、フェムトFlexiPulse™の発振器に代表される自社製品を世界最高のレーザーメーカーと共同開発しています。

グローバルな事業展開と独自のノウハウにより、GFのレーザ担当アプリケーションエンジニアとGFアカデミーがお客様をサポートし、GFレーザ加工機がもたらす可能性を最大限に引き出すお手伝いをします。


主な優位性


シリーズの概要