高品質の大型部品を製造

金属3D印刷は、小型で複雑な金属部品の生産に最適な技術として登場しました。パーツのサイズが大きくなるにつれ、一貫した高品質のパーツを達成することが、深い専門知識と巧妙なエンジニアリングソリューションを必要とする課題になります。

総所有コストの削減

TCOと部品ごとの最終的なコストが重要な要素です。DMP Factory 500 ソリューションのモジュール性により、メーカーはアプリケーションや容量の要件に合わせてカスタマイズした工場出荷時のセットアップを定義し、各モジュールの使用を最大化できます。

プロセスのワークフローを簡素化

効率的な工場は、端から端まで合理化されています。当社のエンジニアは、生産環境で豊富な経験を持つため、生産ワークフローの専門知識を機能モジュールにパッケージ化し、最大限のアップタイムと効率を実現します。

工場環境でのスケーリング

AM工場をセットアップするには、拡張可能なソリューションが需要の増加に合わせて調整する必要があります。DMP Factory 500 は、工場出荷時のセットアップを開始および拡張するように設計されています。また、特定の要件に合わせて機能固有のモジュールを柔軟に構成できます。

レーザー光源

インラインスキャナの校正チェック用ツールにより、ユーザーは大きなパーツの造形プロセス全体でレーザー精度を制御できます。

エンベロープサイズ構築

当社の金属印刷スペシャリストは、特定の印刷ヘッドを特定のゾーンに割り当てることで、分割を最小限に抑える戦略を開発しました。また、1つのレーザーがプラットフォーム全体に到達し、大きなパーツの輪郭に対して最高の品質を確保できます(*高さは造形プレートを含む)。

造形チャンバーのO2レベル

一貫した低O2環境により、高品質の部品に対して一貫した品質を保証します。クローズドパウダーコンセプトは、材料の完全性を維持し、非常に反応性の高い合金の印刷を可能にします。

スケーラビリティコンセプト

DMP Factory 500 は 5 つの機能別モジュールを備えており、お客様の特定の生産要件や製造プラントのレイアウトに合わせてカスタマイズできます。モジュールは、お客様の要件に応じて、完全な工場システムへの段階的なレベルアップの自動化を可能にします。

部品あたりのコストを大幅に削減

当社の自動化アプローチにより、マシンの生産性をスケールアップします。真空チャンバーのコンセプトにより、粉末と部品の完全性を維持します。

 

Specifications

Main specifications

Printer Module uncrated 3010 x 2350 x 3160 mm
Printer Module weight 8232 kg (excluding RPM)
Depowdering Module uncrated 3000 x 2530 x 3300 mm
Powder Recycling Module uncrated 1935 x 2262 x 2521 mm
Removable Print Module 1120 x 850 x 1400 mm
Parking Module 1450 x 1780 x 1850 mm

Printing specifications

Laser type 3 x 500 W / Fiber laser
Laser wavelength 1070 nm
Layer thickness, range, preset Adjustable, min. 2 μm, max.200 μm, typ. 60 μm
Build envelope 500 x 500 x 500 mm (height inclusive of build plate)
Material deposition Soft blade recoater
Repeatability Δx (3σ) = 75um, Δy (3σ) = 75um, Δz (3σ) = 75um
Minimum feature size 300 μm
Accuracy ± 0.1-0.2% with ± 100 μm minimum

Materials

LaserForm Ni718, LaserForm Ti Gr23, LaserForm AlSi10Mg (other materials available upon request)
 
DMP 500のビデオを見る
 

パンフレットをダウンロードする