生産性とコストプレッシャーにより、市場関係者は品質と効率を向上する目的で機械加工プロセスを改善する必要があります。その目標を達成するために、部品は可能な限り少数の手順で仕上げられる必要があります。多くの資材を取り除いたとしても、部品は追加の過程なしで必要な品質を実現している必要があります。

資材に関する課題

機械および一般機械業界で使用されている資材は、鋼、鋳鉄、イノックス、アルミニウム部品などさまざまです。コスト効率の高いシングルクランプ加工と安定した精度などの課題が挙げられます。これらを克服するために、当社では、統合コストの削減し、ビジネス開発の機会を広げるプラットフォームソリューションを提供しています。さらに、コンプライアンスを厳守し、プロセス品質を向上させる監視ソリューションを提供しています。

当社の市場指向ソリューション

Step-Tec HPC 150 プラットフォーム

HVC/HPC 150スピンドルプラットフォームは150mmの最小直径を誇り、 より大きな直径に対応します。このプラットフォームは、HPC プラットフォームの高速性、長時間の荒加工に必要なパワーとトルクなど、HVC プラットフォームの様々な利点を活かしています。このプラットフォームソリューションは、高い表面品質と高い材料除去が必要な用途に適しています。そのため、このソリューションは多くの利点を提供します。 表面品質に必要な自社製造の真円度シャフト、極温度安定性に必要な Cool-Core テクノロジーおよび Opticool-System により、信頼性を高め、オプションで高度な研削用の AE センサーが利用可能です。 

 

 

HVC/HPC 150 One Touch スピンドルは、24,000rpmの最高速度と41Nm(S6 40%)のトルクで、部品を1回のクランプで仕上げることができます。

Step-Tec HPC 190 プラットフォーム

HPC 190スピンドルプラットフォームは190mmの最小直径を誇り、 より大きな直径に対応します。HPC プラットフォームは、機械工業および一般機械工業が必要とする部品の生産、荒加工、仕上げ加工に必要なパワー、トルク、速度を提供します。典型的な使用例は、歯車部品やスタンピングツールなどです。HPC 190プラットフォームを使用すると、オプションのスピンドルシャフトインターロックとAEセンサーを使用して、1回のクランプでフライス加工、研削、ミルターンを行うことが可能になります。 

 

 

HPC 190 One Touch スピンドルは、20,000rpmの最大速度、36kW(S6 40%)の出力、120Nm(S6 40%)のトルクで、1回のクランプで、フライス加工、研削加工、ミルターン加工、荒加工、仕上げ加工を行うことができます。

Step-Tec HPC 240 プラットフォーム

HPC 240スピンドルプラットフォームは240mmの最小直径を誇り、 より大きな直径に対応します。HPC プラットフォームは、精密部品の荒加工と仕上げ加工、およびコストに敏感な運輸業界向けの部品製造に必要な電力、トルク、速度を提供します。HPC 240 は、ビジネス開発の機会を広げる対応範囲がを提供するため、最適なソリューションとなります。市場投入効率を高める傾斜ヘッド用の短いスピンドル、複合材料など泥に敏感な材料を加工するのに適したツインエアシーリング、ミルターン加工を可能にするスピンドルシャフトインターロックが備わっています。

 

 

HPC 240 スピンドルは、1回のクランプで部品を仕上げるのに最適です。18,000rpmの最大速度、38kW(S6 40%)の出力、202Nm(S6 40%)のトルクで、フライス加工、研削加工、ミルターン加工、荒加工、仕上げ加工を行うことができます。

Step-Tec HPC 290 プラットフォーム

HPC 290スピンドルプラットフォームは290mmの最小直径を誇り、より大きな直径に対応します。HPC プラットフォームは、機械工業および一般機械工業が必要とする部品の荒加工、仕上げ加工に必要なパワー、トルク、速度を提供します。オプションのスピンドルシャフトインターロックを介して最大800Nmの半径方向の力がかかり、大きな構造部品の複数の加工が可能になります。オプションとして、HPC 290 プラットフォームは、市場で最先端を行くプロセス監視センサーを備えており、継続的な製造プロセスの改善をサポートします。

 

 

HPC 290 Preciprod スピンドルは、438 Nm(S6 40%)の優れたトルクを提供し、大きな部品の製造で最高の生産性を実現します。