この分野は、デジタル化、スマート製造、ホームオートメーションによって絶え間ない革新を遂げていますが、連続生産に大きく依存しており、優れた表面仕上げを必要とします。部品の製造は非常に小さな工具に依存しますが、金型を使用すると生産性が向上します。

資材に関する課題

ICT/電気コンポーネントは、粉塵を生成する泥に敏感なグラファイトから、HRC金型製造鋼を含むさまざまな鋼までの資材を使用しています。グラファイトの機械加工には、スピンドルの熱安定性と完成部品の完璧な清浄度が必要となります。その一方で、鋼の機械加工にはコスト効率が重要になります。

これらの課題をクリアするために、COOL-Core テクノロジーは再現性を支援し、ツインエアシーリング(TAS)は泥に敏感な資材にも対応します。これらのスピンドルは、フライス加工や研削加工での振れを最小限に抑えるベアリング配置を提供します。

当社の市場指向ソリューション

Step-Tec HVC 120 プラットフォーム

ICT/EC業界向けの HVC 120 スピンドルプラットフォームは、優れた出力とトルクで非常に高い速度を実現し、120mm直径のハウジングが小型のLEDモールドや電気アダプターに優れた表面品質を提供します。ツインエアシーリング(TAS)は、グラファイトなどの資材において汚染のない生産を可能にします。シャフトの真円度は、優れた表面仕上げを可能にします。

HVC 120 Micromill スピンドルは、75,000 rpmの最高速度で、最高の表面品質と精度を実現します。

Step-Tec HVC 140 プラットフォーム

HVC 140 スピンドルプラットフォームは、スマートフォンの金型やグラファイト電極などの小さなICT/EC部品で高精度と表面品質を向上させ、ハウジング直径がわずか140mmであるにもかかわらず、優れた出力とトルクを実現します。P2 品質のベアリングを使用した剛性のあるベアリング設計でフライス加工と研削加工を行うと、非常に正確な仕上げが可能になります。このプラットフォームは、スピンドルエクスチェンジプログラム(SEP)を通じて可能な限り高い可用性を提供します。

HVC 140 Toolmakerスピンドルは、42,000rpmの最高速度と13kW(S6 40%)のトルクで、高表面品質を必要とする中型の部品を加工するのに理想的です。

Step-Tec HPC 150 プラットフォーム

追加荒加工用の HVC/HPC 150 スピンドルプラットフォームは、ハウジング直径がわずか150mmであるにもかかわらず、HVC プラットフォームの高速性と、優れた出力とトルクを兼ねそろえています。その利点は、歯車などの部品の製造や、タイヤ金型の表面品質にも等しく貢献します。社内製造された非常に丸いシャフトは優れた表面仕上げを提供し、COOL-Core テクノロジーと Opticool システムは極温度安定性を通じて信頼性を提供します。高度な研削には、オプションの AE センサーが追加可能です。